前から行きたい!行きたい!と思ってた高梁市図書館に日曜日に行って来ました。

県立図書館ファンですが、すっかり足を運ばなくなって数年が経ってます。

読みたい本がいつも順番待ちなので、

地元の公民館に配達してもらってますけど、

予約順番が来た時には、必要でなくなってる場合が多くて、

ほんとは陳列されてる本を眺めながら、その時の気分でチョイスするのが好き。

何だか県立図書館まで行って帰る時間を考えると少し億劫になってました。

 

時代というか時間の経過が最近特に早くて、

読みたい時にすぐ読めるシステム(電子書籍)Kindle版で読むことが多くなったのですけど、

やっぱ紙が恋しい。笑

ありませんか?紙がいい時が!?

 

何だか自分を癒してあげる時間がなかなか取れなくて、

モヤモヤしてたので、朝ピンときて、直感に従って高梁図書館へ行ったのです。

高梁図書館は、蔦屋書店内にあって、それもスタバも蔦屋書店内にあるという。なんとも居心地の良い空間でした。

座り心地の良い椅子で、

わたしはスタバでコーヒーとサンドイッチを買って

図書館で今ピンときてる本を持って席につき5時間座って本に没頭してましたー。

自分でもびっくりするくらい時間経ってて、

「わたし息してたっけ?」というくらい時間忘れてた。笑

 

 

スタバの雰囲気そのままに、それもスタバのコーヒー飲みながら、サンドイッチ食べながら図書館の本が読める幸せよ。

 

こんなに至福のひと時が過ごせるとは思ってもなかった。

 

ふと考えてみると、京セラドームでの野球観戦にしても、セミナーでも食べながら飲みながらの時間って幸福度高い!笑

って凄く自覚してたんですよねー。

 

音楽だけ聞くコンサートとか、何か物足りなさを感じてた。

図書館で本だけ読むって感じも何か物足りなさを感じてたんですよねー。

最近都会では、コインランドリーで美味しいコーヒー飲めたり、

自転車屋さんで美味しいコーヒー飲めたり、

違う業種でコラボしてることが多くなってる気がしてて、

都会が少し羨ましく思ってたけど、

 

高梁市やるなーーーーー♪笑

 

毎日通いたいくらいです。

(写真は店員さんに許可もらって撮りました。)

 

 

買ってまで見れない写真集的な高価な書籍を中心にチョイスしました。

蔦屋書店さんの入口すぐの吹き抜け。

素敵♡

 

 

読みながら号泣してました。

どんだけ入り込んでるんや!笑

気がつけば5時間経ってたというー。

はー満たされました。

 

まとめ

好きな事をして自分を満たす時間は大切。

 

帰宅したらオトンも帰って来ました。

 

どうやらオトンも好きな事をして満たされて帰って来たようです。笑

 

夫婦でも他人です。当たり前ですけどね。

魂が喜ぶコンテンツが違いすぎる。笑

 

お互いを信頼して認め合って自分のごきげんは自分でとるのが私たち流

 

さ、明日からまた夫婦一緒に仕事します。

よろしくお願いいたしますーー。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。