なんだかいろんなご縁やしてることが繋がってる気がしてます。

会うタイミングの人とは会えるし、

時間までも合ってしまう不思議。

 

逃げてると追っかけられる。

 

求めていると逃げられる。

 

ほんとにその通りだなぁーと思う。

 

今日参列させてもらった告別式はほんとに良かった。

 

僧侶のお経のテンポと声の質、

祭壇のお花のセンス、喪主さんの挨拶、

亡くなった奥さまを見つめるダンナさまの佇まい。

故人の優しさとお人柄が溢れ出てた告別式でした。

 

告別式に良い悪いなんて不謹慎かもしれないけど、

ほんとに心穏やかな時間を過ごさせてもらったのです。

 

花は観手に咲く。

 

この言葉が好きなことは何回もこのブログでも書いているんですけど、

受け手に委ねられてる。

 

わたしに心の余裕があったから良いと感じたのかもしれない。

 

僧侶の言葉の中に、

「生きてる人には必ず死がある….」のような事を言われてたんだけど、

人の致死率100%だもんねー。

 

人の死は他人事ではないのだ。

 

人に助けてもらいながら、

自分自身も成長する気持ちを持ち続けながら、

素直に受け入れる大人になりたい。

 

我が子よりも若い子に教えてもらうことがまだまだあるなんて、

自営業って素敵!!笑

 

あ、今日もお金の話をしてたんだけど、

お金の話を学校や親がしっかり子どもに伝えるのって大事だなぁーって思う。

お金の事を学びたくても、

お金の話をしたら「汚い話をするな。」と怒られた時代だったからね。

お金の話をプロの人が学校で教えればいいのにね。

お金のプロって誰なのかわからないけど。。。

 

あ、

それと、キャッシュレス問題。

先日吉備津神社に行った時、中国人が「スマホでお賽銭が支払えないのか?」って事を言ってたのを耳にした。

斎場の受け付けでも、スマホで金額設定しピッって香典を渡す日が来るかもしれないけど、

今のところは、熨斗袋を使うよね。

お悔やみの際のお香典には、

うす墨を使った方が気持ちが表せるので良いよ。って話で締めたいと思います。

ぺんてるが書きやすくて良いよ。

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。