まったく他人事だったことが急に自分に降りかかってきて初めて気がつくことって

ありませんかー?

2年前から #1日3捨 をツイッターがきっかけで初めて、

物と向き合って手放してきました。

 

そこでわかったこと、身にしみて感じたことは、

【手放す】ことは痛みが伴うことでした。

 

ただ目の前の物を捨ててしまえば、その時はスッキリします。それはゴミ捨てと同じだから。

またゴミが溜まりますよねー。

 

何が大事か学ぶことができたのです。

どういう事かと言うと、

物を家に入れる前に、凄く考えるようになったということ。

自分にとって必要か?

ワクワクする基準で選んでいるか?

自分が好きで選んでいるか?

 

「子どもの迷惑になりたくない」という言葉はあちこちで耳にします。

しますよね?

わたし達の世代同士でも言ってますもんね。

子どもはあてにならないからちゃんと自分達でしなきゃね!なんて。笑

 

何でも他人事じゃない!

 

今朝のツイートです。

 

やりたいことはすぐする。

 

自分の困りごとは誰かが困ってること。

 

わたし達のお仕事は、暮らしのお困りごとの解決。

 

回りくどい言い方になりましたけど、

日程が決まりました!!

 

7月13日(土曜日)

すぎもとでんき店内で

岡山県遺品整理協同組合の伊藤さんに来ていただいて、

セミナーを開催します。

ゆるく片付けのお話です。

 

講師の伊藤 勝さん。

岡山県学校コープに18年勤務されてた方です。

ご本人の体験談もお話くださると思います。

遺品整理士でもあります。

 

 

定員10名ほど。

 

時間は、11時から12時。

 

大切な人のために今のうちにやっておきませんか?

 

誰もが思うことは、「まだ元気だから先でも良いわ」です。

 

あなたの大切な宝物は、もしかしたら他人にはゴミかもしれません。

「わたしが死んだら残った人でどうにでもして!」と、

物が溢れてる家ごと任されるあなたの大切な家族は、

あなたの事をどう思うでしょうか?

 

早い遅いはないんですよね。

思った時、きっかけがあった時に、一緒に考えてみませんか?

 

今のうちに私たちができることは何なんでしょうね?

 

一緒に学びましょー。

お問い合わせ、お申込みは、

すぎもとでんきまで。

こちらのお問い合わせからでもどうぞ。

LINEからでもどうぞ。

LINE登録されてない方はしてくださいね。

よろしくです。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。