久しぶりに小説読みました。

もう衝撃すぎて。。。

SFマガジン6月号に掲載された 小野美由紀さんの【ピュア』が全篇公開されてます。

タイトル通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の話です。

 

わたしは今現実の中にどっぷりいます。

父が他界してから親からバトンタッチされた現実と向き合ってます。

子どもが自立してくれて間もなく次の大きな仕事を任された気持ちで現実の中にどっぷりなのです。

すぐ白黒はきっりすることは少なくて、

グレーゾーンの事が溜まっていってるって感じです。

この事はいろんな人がかかわってくれているので、またお話しできる機会が来たらってことで。

 

そんな時Twitterで流れてきたツイートに反応しちゃいました。

この歳になったら、首を突っ込まなくてもいい話題など目にも入らなくなりました。

羨ましいー。とか、悲しいねー。とか、

嬉しかったねー。とか、

時々大丈夫かなー。とかあるけど、

結局その人が乗り越えるしかないので、反応はしない派です。

SNS上で反応してる人ほど何も思っていないと思うのです。

それぞれでSNS上で人とのかかわりは自由なのでお節介は言いたくないのですが、

言いたくなることがあっても、ほんとに悲しい。悔しい。は表現しないですね。

チキショーーー!とか、クヤシーーー!とか、

面白く言ってる人にはなぜか共感できて一人でくすっと笑ってます。笑

どこかでその悲しみや壁を乗り越えてたあなたにツイートや会って知った時、

わたしの喜びの一つになるだけなのです。

 

めんどくさい奴やーーーーー!笑

 

そんなことは今回どうでも良くて、

この小説を読んで欲しい。

https://www.hayakawabooks.com/n/n4a87df16f286

 

ツイートでもバズってます。

 

言葉力とこの発想力。

震えました。

リツイートしてる人もいらっしゃいます。

イケハヤさん。(東京から高知の山奥へ移住して子ども3人育てながら好きな仕事しながら年商1億稼ぐ普通の人)

(↑ ここをタップしても読めます)

読んでみてねー。

そして語り合いたい!笑

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。