予定通り「ニュースレター すいっち おん」が今日完成しましたー。

何ヶ月か前から、A3両面カラー印刷で山折りにしたものを特選品カタログと同封してお届けしています。

実はパソコンでサクサクっと作ってた時期もあるのです。

お客様から反応がなくなり、挙げ句の果てに、

「手書きが良いわー。」とお伝えくださり手書きに戻したのです。

 

A3サイズにしたのもここ2年くらいで、

それまでA4サイズに小さな字で書いてました。

文字を大きくしたら急にお客様から反応があって嬉しくて、

文字を大きくしたので、A4サイズじゃ収まりきれなくなって、A3両面カラー印刷になったのです。

5月号は令和になる月って事で、

これしかないですよね。

あの【元号発表】ポーズです。

【令和】になる月なので、気持ちも新たに店主の名前と、

ニュースレター作成者の名前も書きました。

もしかしたら誰がこのニュースレター作ってるのー?って読んでくださったお客様の中にはいらっしゃるかもしれないってことふっと思ったのです。

ありますよねー。今さらそんな事聞くのーー?ってこと!!

わたしはよく言われます。

「えー!今まで知らずにしてたのー?」って言われること。笑

そうなのです。

その時興味ないことでも何かのタイミングで気がつくことってあるんですよねー。

 

「(自分が)人にどうみられているかに興味がない」

 

人によく見られたい。とはちょっとニュアンスが違うと思うんです。

人の反応にはとても興味があります。

だからニュースレターの文字を大きくした途端に、

「ニュースレター楽しみにいつも読ましてもらってるわ」とか、「ニュースレターでおススメしてた映画観に行ってきたよ」とか反応いただけると文字は大きい方が読んでもらいやすい。って嬉しくなる。笑

 

人の反応には興味深々なんですけど、人からどう見られてるかには興味がない。

 

どう考えても『人にどう見られてるか?』って考えたことがないことに気がついたんです。

ややこしいけど、人が人に、「人からどう見られてるか考えなくなったはどうしてですか?何をしてそう考えられるようになったのですか?」って質問してたのを聞いたからなのだ。

一瞬え?「人って人からどう見られてるか考えるものなのか?」って思った。

「どう見られたいか?」は何度か考えた時期があるけども。

違う人と話をする機会を作ることが気づきをもらえるチャンス

 

ニュースレターでも顔出しバンバンしてて、SNSでも顔出ししてるのには訳がある。

知ってほしいから。

すぎもとでんきではこんな顔の人が居ますよー。って事で知ってもらえるから。

同じ人と同じ会話して言わなくてもわかるだろーなんて言ってみたらちょっと傲慢さが慣れた仲には当たり前になるかもしれない。

ニュースレターを作成してるのは私で、誰でも知ってくれてるのが当然と思うのも傲慢なのかもしれない。

 

人はみんな価値観もタイミングも違う。

 

もうすぐ元号も変わるタイミングで、いろいろと気持ちも新たに、感謝とともに足元を見つめなおす時間も必要かもしれない。

自分の棚卸しも休みの間にしようと思う。

 

兎にも角にも「ニュースレターすいっち おん5月号」が完成したので、

ラクスルさんへ入稿したいと思います。

 

5日後に納品なのでその後封入作業ガンバリマス!!

GW中に読んでもらえると嬉しいです。

あ、写真ばっかりで読むところほとんどないんですけどね。

あ、もしかしたら店主の名前の【尚弘】を『タカヒロ』と読むと初めて知る人はいるかもしれないですーー。

 

読んでもらえると喜びます。

今日は以上です。

人って面白い。

だから人って好き。

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。