アウトプットをしよう!って言われてますよね。

インプットよりアウトプットが先。

片付けして、整理整頓して、

断捨離したら、

スッキリ物が少なくなって動きがスムーズなのは実感してます。

って事で、ある方が『アウトプットするには、

本や映画の感想が1番簡単で良いよ。』

って教えてくれたので、つらつらと映画中心にしようと気が楽になりました。笑

 

さてさてー、

昨日ムービックス倉敷で「運び屋」観て、

そこからの、クリント・イーストウッド主演の

「ミリオンダラー・ベイビーをAmazonプライムで観ました。

 

なんと言ってもナレーションが、モーガン・フリーマン。

いつも映画チョイスは、繋がっていく。

Amazonプライムで観てるので、

出演映画が次々と勝手に表示してくれるんですよね。

 

今回は、クリント・イーストウッド繋がりで観た映画。

ミリオンダラー・ベイビーです。

なんと、ミリオンダラー・ベイビーの前半は、

1人の貧乏31歳女性がボクシング選手として成長し、栄光を掴む内容で、

後半は、尊厳死を考えさせる内容になってて、

それも短時間なストーリー展開なのに自然な流れで、

凄く良かった。

 

尊厳死、安楽死と言えば思い出すのが、

「世界一キライなあなたに」

 

尊厳死。安楽死については、日本の考えを学ぶより、海外のスイスのような許可されてる国がある事を知った方が良いと思う。

ほんとに映画って、いろんな時代、いろんな国の生活や考え、宗教、風習、差別、愛に触れる事が出来て良いと思うし、好き。

 

モーガンフリーマンのナレーションで、

【ミリオンダラー・ベイビー】を楽しんでくださいね。

ほんと安定感があるのと、男性の渋い低い声が好き。

 

運び屋を映画館で観る前に、

観ておきたい3つの映画を勝手にチョイスします。

①グラン・トリノ 

②人生の特等席

 

③今日観たミリオンダラー・ベイビー

以上3作品を観てから「運び屋」を観にいくのも面白いかもしれません。

うん。きっと面白い。

【悔いのない人生】の人生って、どんな人生なんでしょうね?

映画が好きになってほんと良かったなぁーって思う。

そして、好きになって沢山観ると良い映画にも出会いやすくなるって思う。

ま、観にいくか?行かないか?

観るか?観ないか?だけなんですけどね。

って考えると、シンプルなんだと思う。

 

さ、明日も朝からデータ入力がんばりますかー。

ほんと、データ入力とかニガテ。

明日も良い映画観ようっと♡

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。