昨晩も夜な夜なAmazonプライム・ビデオを観てたので、

二度寝からの寝坊で今朝起きたら店主の姿がありませんでした。

ええ。現場に行ってました。

そんな今日は、31回目の結婚記念日だったようです。

それも、オトンのツイートを見て知ると言うー。

たくさんのお祝いメッセージをいただきました。

ありがたやーーです。

 

午前中に一旦帰ってきた店主に「手伝えることは?」と聞くと、

「ない!」って事だったので、

有給休暇をもらって、観たかったクリント・イーストウッド主演監督の

「運び屋」を観てきましたー。

(ちなみに有給休暇なんて存在しないんですけどね。1回言ってみたかった)

 

観てる時に揺れを感じて非常口の確認したのはナイショです。

 

なんてかっちょええおじいちゃんなんでしょー。

以前Amazonプライム・ビデオで観た、

「グラン・トリノ」と、

「人生の特等席」を思い出してました。

クリント・イーストウッドの生き様そのままが作品になってるように感じるのは、私だけでしょうかー?

特に今日観た「運び屋」は、人生の集大成って感じ。

終活の作品のようにも感じました。

 

死を意識して生きる。作品を作って自ら主演を務めるなんて、

凄すぎる。。。

えーと、確か90歳近いんですよね?クリント・イーストウッドって。

彼からのメッセージをどうか観てみてください。

あれーー?

また話が逸れてますね。

そうそう。今日は、31回目の結婚記念日でした。

奇特な方たちが、画像保存してくれていたのです。

画像を探す手間も省けて助かります!笑笑

Twitterでは。

Facebookではこちらのお二人がー。笑

人の画像を保存して何かあったときに出してきて喜ばす術がサイコー過ぎますっ!!笑笑

もー大好き❤

人をいじるのってほんと愛が必要ですよね。

今日観た「運び屋」の主人公アールも侮辱する言葉の裏に愛情あるからこそ

 

相手に殺されずに、捕まるまで生き延びた歳を重ねた人ならではの生き様を表現する場面がたくさん描かれてました。

あれー?また話が逸れてるので戻しますね。

って事で、

わたし達も若い夫婦ではなく、熟年夫婦の域に入ってます。

歳をとるのっていいな。って思ってもらえる歳の重ね方をしたい。

最後の最期まで人は成長するし、

人の気持ちも変わっていくもの。

「運び屋」主人公アールが言ってた、「わたしは間違っていた」と言う潔い言葉。

それを聞いたからこそ、娘も妻も心開いて、

アールに「愛してる」と伝えることができたのだと。

 

頑固ババアにならないようにしようー。

そして、いくつになっても、人と関わっていきたい。

そして、オトンをもっと大切にしよう。と思った3月13日。

 

こうして、ブログ書いてたり、SNSで発信してるからこそ、

お祝いメッセージをもらうことができるありがたさよ。

家でお祝いするわけでもない日で、

実は仕事かパンパンで、店主は少々パニクり気味。

夫婦だからこそ、違う視点も大切だと思う。

わたしは、何回もかかってくる電話にどうしたものか?と考えていたところでした。

 

 

映画って心も豊かにしてくれます。

あなたも映画がある生活をぜひー。

今日は、以上です。

あれー?笑

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。