お正月休み4日目。今年ほど心穏やかに過ごせたお休みはないかもしれない。

いつもバタバタ、ギリギリな私なわけで、

2年かけて物と向き合って手放してきたお陰かもしれない。

いくら外面が良くても、仕事で活躍できていても家の中が汚れていれば、どこかでボロがでるし、

1番身近な家族がしあわせじゃないと仕事してお金を稼いでいる意味がないとさえ思うのです。

ええ。失敗してる私だからこそ言える。笑

子どもたちが中学生になるまで、大晦日から元旦にかけてはスキー場でした。

子どもに何でも体験させることに命をかけてた親でした。

上の子は、8ヶ月でスキーデビュー。下の子も3歳くらいで、デビュー。笑

(夏はキャンプ場で過ごしてました。)

スキー教室に入れてプロに教えてもらって、ま、お陰で、リフトに座れる身長になる前にガンガン滑ってました。

そんなスポ魂親だったのです。笑

スポ魂親をしてたので、子育てに関しては全くの後悔なしです。

子どもとずーっと関わってきたので後悔はなし。

何でもしてみないと次へは進めない。

 

子育ては、まさに子どもに成長させてもらうチャンス。

親であるあなたは、どんどん子どもに自分の意見や考えをぶつけるべきです。

それが失言だとしても、その時は伝えたかったのだから仕方ない。笑

子どもとべったりって意味じゃないのでそこの所ご理解くださいね。

子どもは考えているもんです。自分の親のことはわかっているもんなんです。

よくもわるくも伝えないのが1番良くない。タイミングは早いほうが良いです。

この考えも失敗した私だから言えるのです。

ずーっと伝えまくってきました。

だから、子どもが考えて自分の行動ができるようになる。

よくぞ、自立してくれた我が子達よ。と、ありがたく思ってます。周りの人に恵まれてたおかげです。

私はずっと、子育てしてるママさんの味方です。

子育てっていつまでなんだろー?って考えますよね?

いつまでなんでしょうね?

兎にも角にも、今!子どもとしっかりぶつかり合ってくださいね。すぐ成長してしまいますから。

子育てにポイントはありませんから。毎日が真剣でよろしくお願いします。笑

 

えーと、今日は、そんな話ではなくて、

ええ。また前置きが長くなって本題は少しなんですけどね。

お正月休み最終日に、やっと、自分が求めていた物がわかったって話です。

 

詳しくは、後日。笑

 

物と向き合うことで、気づきがありました。

①私の物のキャパが狭いこと。

②捨てれない性格だってこと。

③自分の必要な物がよくわかっていない。(他人軸でいつも考えてる)

ずっと欲しい物があって、人に相談したり、

みに行ったり、

検索して探していたんだけど、なぜか心がワクワクしない。

2年前から、ずっと頭の中にあって試してみたり、

うーん!何だろー?この感覚?って思っていたんだけど、

直感が働かない時は、その時ではない!

 

この直感ってやつは凄くて、こじつけたりしながら失敗も重ねてきたけど、

自分と素直に向き合えは、ほんとに全て直感で動いて正解だと今は言い切れる。笑

あーこうゆうことなのか。。。

と、昨日腑に落ちたことがある。

そもそも、検索するワードを間違えていた。。。

こんな事って私たちの周りにたくさんあるような気がする。

どんな考えが好きで、何を大切に生活したいのか?

お正月休みだからこそ、自分と向き合って妄想するのも楽しかったです。

 

 

さて、最後に

お料理をする前に、あなたが家で使ってるお塩と、調理酒、みりんを見直して欲しい。

お塩は、化学塩じゃありませんか?

化学塩だったらすぐ捨てて、天然塩にしましょう。

 

調理酒使ってますか?

調理酒は使わないでください。

日本酒使いましょう。その方が断然お料理が美味しく仕上がります。

 

みりんは、どんなみりん使ってますかー?

タカラの本みりんにしてください。

もっと高級良質なみりん使われてたらそれで良いです。

 

お料理に白砂糖使ってないですよね?

すぐ、きび砂糖のような天然砂糖にしましょう。

調味料をグレードアップしたら、お料理はぐんと美味しくなります。

まずは、お塩です。

おにぎりも、お米の甘さが引き立つ

塩おにぎりが1番美味しいと思いませんかー?

今日は、以上です。

さ、スニーカー洗って、年末に洗いきれなかったカーテン洗って干します。

明日、5日から2019年の営業スタートです。

が、5日は、告別式参列がダブルで入ってますので、

15時くらいまで、お店は留守になります。

あらためまして、今年は、すぎもとでんきオリジナル商品を販売したり、

お世話になることも多々あると思いますが、よろしくおねがいいたします。

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。