誰もが誰かの役に立ちたいという気持ちは必ず持ってると思う。

これを前提にね。

今日は定休日って事で、お茶会にご招待いただいたので、

実家近くのお友達を誘って行ってきました。

美しいものを見ていたい気持ちが年々強くなるので、

お花や和菓子、お抹茶を目の前にして心落ち着いて時間を過ごすことができました。

お茶会でスマホをパシャパシャしてる人はいませんね。

ええ。お友達にも叱られましてん。(苦笑)

ごめんなさい。

その後、ちょっと懐かしい場所に移動しての昼食。

私にとっては懐かしい場所じゃないんですけどね、

昭和を感じるって意味では懐かしかった。

 

 

そして、プランターに咲いてる菊の可愛かったこと。

可愛いぃねぇー可愛いぃねぇーと、お友達と言いながら眺めてました。(笑)

咲いてる花に気づかない人もいるかもしれない。

もしかしたら、花に興味がない人には目にも入らない。

たぶん。

目的だけ済ますような用事の時には、きっと私も花の存在にすら気がついていない時もあると思う。

家族の誰かが花の手入れをしていたり、

家に花が飾ってあるような環境で育った人だったら、きっと1輪の花に反応できる心の余裕も持ち合わせているかもしれない。

誘ったお友達と一緒に「きれいな花だね。」って共感できただけでもその一瞬は、わたしにとっては素敵なひと時になったのです。

そんな一瞬一瞬を積み重ねていきたいと切に願う。笑

こーゆー事って、頭で考えてもダメなんだよ。

育ってきた環境なんだよね。

なんのかんの言っても、しっかり育ててもらったし、

自分の子育てにも悔いがないってこと。

厳しすぎたって思うことはあるけどね。

今日もつらつらやん!

しゃーないです。

で、花は良いよねーって話を永遠にしてて、

最後にお友達に、「わたしね、人には何か元気がでるような声かけを心がけてるし、わたしと話ししたら元気もらえるんよーって言われるから、

人に勇気をあげてる気がするんよー。」って言ったら、

「自分で思ってるだけよ。それ。」って言われて、

それでいい良いんよな!って思った。

自分の口から出る言葉は自分が一番聞いてる。

まとめはそれ。

自分の思うことを言えば良い。笑

人に合わせてる人多すぎ。笑

ぼちぼち人の為になりそうな電気屋さんらしいブログが書けるよう準備しようと思う。きっとできる。うん。笑

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。