同年代の人と話ししたり、一緒に行動するのは楽しいですよね。

私も月一のピラティスグループレッスンでは、年代が同じで、バスケ繋がりの集まりなので、リラックスできて楽しみの時間です。

でもね、そもそもなぜSNSをして、コミュニケーションを楽しんでいるか?って考えたら、どの年代の人に向けて発信したいのか?意識する事は大切なんじゃないかな?と、思うようになりました。

1つだけずっと心がけていることがあります。

 

上から目線で説教じみたことを発信しないこと。

 

50歳も過ぎれば、若い子たちや子育て中のお母さん方に言いたいことはたくさんあります。(笑)

子育て終わってるし、応援したい気持ちで溢れてる。いや溢れすぎくらい。(笑)

あー!こう言う考えで子どもに接してあげれば良いのにー。とか、たくさんあります。(笑)

でもね、言わないで見守ることがベストだと思っているのです。

説教おばさんやおじさんがキライだった!!

 

何かと、この地域では子育てしてる時から、「核家族だからね。」とか言われてきた。

田舎は、ほとんどがおじいちゃん、おばあちゃんと同居。

おじいちゃん、おばあちゃんっ子が多いので優しい子が多いのも事実。

そう言ってるオトンも私もおじいちゃん、おばあちゃんと同居経験ありなので、昔の家族のカタチはよくわかる。

もしかしたら悪い意味じゃなく、

普通の会話として何の悪気もなく言われていた事かもしれないけど、

私は変にそこにこだわりすぎていたのかもしれない。

「核家族の子どもだから」と我が子を括られるのがほんとイヤだったのだ。

 

当たり前の事、正統派意見は必要ない!

 

 

年寄りが若い人に気を遣い寛大な心で育てる時代。

 

私は本気でそう思ってて、若い人の定義もなければ、年寄りの定義もわからないけど、いい時代を経験できた私たちが若者に年を重ねることは楽しいことだよ!と後ろ姿で伝える。

そんな時代だと思うのです。

寛大な心。

許せる心。

大人にならないとムリですよねー。

経験を重ねてるからできる大人の対応。(笑)

 

でもね、日々私たち年寄りも時代の流れに沿って進化しなくちゃいけないのです。

強い人が生き残るわけじゃなく、流れにゆるく沿ってしなやかな大人だけが生き残れる時代。(笑)

私は、生き残りたいと思っています。(笑)

しなやかに。

説教ばばあにはならない。でもお節介ばばあかもしれない。。。けども。。。(苦笑)

 

そして、若い人たちと何とか接点を持ちながら、

ニコニコ笑顔で生きていきたい。

 

街のでんきやは、ご高齢の方と接する機会がとても多い。

昨日電話させてもらった素敵な70歳超えの方から

「声が聞けて嬉しかったー。」って言ってもらえて、はっとしたのです。

もちろん、私もお声が聞けて嬉しかったけど、

嬉しかったことを素直に私に伝えてくださったこと。

 

私より先に、私に伝えてくださって、

「私が先に言いたかったー!」って思えたの。

年上の方に気を遣ってもらってる感が半端なかった。

私の周りには、愛で溢れてる人が多い。だから私も愛を伝えていきたいと思える。

 

前置きが長くなっちゃった。(笑)

 

先日倉敷のカフェでTwitter講座に参加させてもらった時の講師は、30代前半の男性でした。

初めてお会いするし、講座の前にメールで質問をしていたんだけど、何かのトラブルでメールが行方不明になって、

質問が届いていませんでした。

 

ま、1回ポッキリの講座だし、東京から来られてる講師の方なので、お返事は期待していなかったのに、

昨日、丁寧なメッセージを下さったのです。

 

その中の一部をご紹介しますね。

私自身真剣な悩みとかじゃないので

自己紹介程度の質問内容だったのです。たぶん。

実はどんな質問したかも忘れていたのです。(苦笑)

 

杉本さんくらいの世代の方の情報発信は、どうしても内容が説教くさかったりして敬遠されがちな人が多いのですが、そんな中、杉本さんのブログやTwitterの内容は、20ー30代の方の考え方に寄り添ってくださっているのが伝わってまいります

 

このメッセージを下さったのは、

TwitterアカウントF太さん。

Twitterではアカウントを3つ持ってて、Twitterだけで生活されてる方。いわばTwitterのプロ。

そして、F太さんの過去つぶやきから、厳選してつぶやくbot。

そして、メッセージはまだ続きがあります。

 

 

なので例えば杉本さんの「今の20ー30代のここがすごいと思う」などといった発信が、Twitterでは需要があるのではないか、と思います。

 

1回しか会ってない、しかも、東京の30代前半の男性。

私のブログやTwitterまでよく見てくれている事が伝わりました。

 

普通しないですよね。

忘れてても私はクレーム言ったりしないし、じつは期待をしていなかったのに、この対応は神対応。(笑)

若い人の良いところツイートネタがたくさんできました。(笑)

って事で、私は若い人たちの良いところツイートをスタートさせようと思いますっ!!

別にアカウント作った方が良いかなー?

誰か教えてーーーーーー!!(笑)

ええ。ゆるゆるいきます。

今は、身体がへばらないように、笑顔で仕事できることが1番大切に思っていますのでね。

何もかも人はできないっ!!

それを知ってるのが若者なのかもしれない。

自分のできる事で人に喜んでもらいたい気持ちを溢れるほど持っているのが若者たち。

そして、人との距離感を上手くとれるのが若者。

SNSで自分の居場所を求めているのも若者の特徴かもしれないけども、

楽しくて、人の役にたってるので上等である。

ぜひ、あなたらしく、その場所からあなたのオーラを放ってほしい。

言語化が1番ニガテで、そこに価値を感じていなかった私だけど、

言語化って素敵ーーー!って思わせてくれたF太さん!

若者たちから気軽に声をかけかけてもらえるようなおばあちゃんになりたい!!

今日29日(肉の日)に思ったのはこんなことでしたー。

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。