一生動ける身体でいたい!って誰もが望んでるし、

誰もが思っていること。

今のところ、私は月1回のピラティスグループレッスンは、

行けるように努めてます。

 

たった月1回なんだけど、

どこでするか。

誰に教えてもらうか。

誰と一緒に大切な時間を共有したいか。

は、私にとってそこを大切にしたいところ。

 

さてさてー、

なんだかね、自然の流れで、

けんちゃん先生のお誕生日をお祝いすることになったのです。

 

 

10代の高校生に、関節可動域の広さを見せつけられて、

昔は私たちもすごかったよね。なんて思いながら、

身体が硬くならないようにまたトレーニングしようと、気持ちをあらたにしたのです。

とはいえ、すぐいつもの日常に戻って、新しいことが習慣になることなんて少ないことを知ってる。(笑)

だから、毎月刺激をもらいに行く日。

ふっと思うんです。

「いつも元気もらってます。」って言ってもらって、

いつも元気でいるような自分でいたい。って思うし、

元気をキープする意識もするし、

何より、周りのみんなに元気を届ける自分でいたい。って思う。

昨日一緒に写真を撮ってくれたお友達の息子さん(高校アスリート)なんだけど、

普通だったら、知らないおばさんと写真なんて撮ってくれないですよねー。

でね、伝えたんです。

何時も一緒にFacebookみてるのですんなりです。

ってーーーーーー!!

知ってもらえてることで、すんなりいくことは多い。(笑)

 

こんな些細なことだけど、ほんとは1番大事なことじゃないかな?って常々思っています。

 

知ってもらうこと。

 

毎日いろんなことが起きて、でも平凡な毎日の繰り返しの中で、ブログを毎日書いたり、Facebook投稿したり、

ツイッターで呟いたり、

暇なの?って言う人もいるけど、

私たちでんきやさんのこと、すぎもとでんきの事を知ってもらいたいから

発信してます。

目の前のことが大事なことは知ってるけど、発信を続けてるからこそ、見てくれる人がいるし、

「いつも見てるよ。」なんて声をかけてもらえると、

発信する自分を続けたくなる。

頑張って続けよう!と、また頑張れる。

ほんと、その繰り返し。

人間だもの。きよを。(笑)

 

弱いヘタレの自分も認めてあげながら、発信を続けようと思います♡

 

お祝いしてあげる人がいることがしあわせなんですよね。

に、しても、若いって素晴らしい!!!!!

(アークラボさんにて)

来月のピラティスグループレッスンが今から楽しみな私からは以上です。ふふっ♡

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。