すみません!

今日は、このタイトル以外思い浮かばなくて。。。

父の肝臓癌手術後、ほぼ毎日病院に顔をだしています。

同じタイミングで母にも手がかかるようになって、

母を妹宅で預かってもらっているので、わたしが病院係の状態です。

肝臓手術後、父は全く食欲もなく、食べた物が消化できないので下痢が続いてるのです。

肝臓なので外科扱いで、そちらの状態が良くなれば医師からは手がはなれます。

 

毎日汚れたパンツを持って帰って洗濯するのがわたしの仕事。

今日はとうとう「はくオムツ」を買って、「コレをはいて!」と、渡してきました。

わたしも子育てを2人してるので、赤ちゃんのオムツを替える時、

「クチャーーー!」とか言いながら我が子のオムツをかえてましたけど、

ウンコで健康チェックして、

我が子のウンコが手についても、イヤではなかった。うん。

それがどうでしょー。父のウ○コは、ほんとに臭い。。。

パンツについたウ○コを洗う情けなさよ。。。

なんだかね、毎日洗ってたら、心が腐りそうになる感覚。。。

ほんとに何でもそうだけど、してみなくちゃわからないと思うのです。

介護をされてる人たちは、たくさん知ってるし、

今までも介護をされてるお客様からいろんなお話を聞く機会もあったけど、

1ヶ月前まで、こんな状況に自分がなろうとは思ってもみなかった現実をまだ受け入れられていないのかもしれない。

まだまだ介護までとはいかないけど、

ほんとに心が萎える。。。

不謹慎と言われようが、父のウ○コは、臭い。

 

申し訳なさそうにすれば少しはかわいいけど、

年齢とともに、いろんな事ができなくなってきてる自覚がないから少しタチがわるいかもしれない。

親の今の姿が自分の将来の姿を見ているようで、

ほんとに萎える。

きっとこの感情にも慣れて、何とも思わなくなるのだろうけど、

あえて今日は、備忘録的に書いてみた。

みんなが面白がって、ニコニコ笑顔で暮らしたいと思うので、

そのために、よく話し合って、いろんな人に関わってもらって、

知識や情報を知恵にかえて生活できるように動こうと思う。

介護経験のお客さまと、またまた同じ話題で話して笑おうと思う。ネタが増えた!経験できることが増えたと思ってる。

えーと、あの人とあの人と話ができるわ。(笑)

親御さんを看取られてる人や、介護中の方をほんとに尊敬するようになったのです。

一生懸命するもんじゃないと思いはじめたわたしからは以上です。

やっぱり、自分で自分のごきげんをとっておくのが一番大事。

今週末には、退院予定の父。

早ーーーーーーーーーっ!!

さてー、どう父と母と関わっていくのか?自分?

「昔は、家でずっとみてたのよ。」は、シゴですからー。

よろしくお願いします。

わたしは、わたしの人生を歩む。決断するのは自分。

さてー、明日も行って来ます。

いろいろ時間がかかります。

あぁー!ニュースレター6月号ー!

進捗率30パーセントです。

もう少し待っててもらえるとたすかります。

よろしくですー。

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。