どんな生き方をしたいのか?

誰を大切に生きたいのか?

何を大切に生きるのか?

毎日生活していると、リアルにお話を聞いたり、LINEで現状を聞いたり、SNS上や、テレビで、いろんな事が起きていることを目の当たりにしますよね。

最近年のせいなのか?死についても考えます。

わたしは、1日でも多くお客様と関わって一生仕事をしたいと思っています。

人との関わりが好きです。

だからと言って、関わりがない人とは、あえて関わりを持ちたいと思っていません。

ご縁がある人とは、ご縁があると思っているし、

近づいて欲しくない人には、こちらからあえて近づいていきません。

人生そんなに長くないから、自分の人生を歩んでいきたい。

人の機嫌をとることもやめました。(笑)

小さい時から、人の目を気にして、良い子ちゃんしてたから、

手のかからない子どもだったように思います。

大人のような子ども。って言われてたようです。

もうこの歳になると、誰のせいでもなく、

すべて自己責任です。

身体も心も行動も。

そして、子育ても終わって、今で言うママ友の機嫌をとったり、集団で何かをしなければいけない。というしがらみから解けましたので、

自由です。

この自由をはき違えたら、天狗になったり、上から目線のお節介ババアになったり、

子どもや友達から白い目で見られることになります。(笑)

自分で自分のご機嫌をとって暮らす事が1番のしあわせなのかもしれません。

誰かのせいにするのではなく、

今は悪い時だから、我慢して生活するのではなく、

いつも何があっても幸せな気持ちに自分自身で責任を持って保つこと。

やはり、毎日の積み重ねと、今までの自分の思考のクセに左右されることだと思うのです。

損得じゃなく楽しい方を選択する。

コレだけでも、明日が変わってくると思うのです。

 

今日は、テント設営をしたり、

ドタ訪問があったり、

ちょっとびっくりな報告もらったり、

想定外に暑かったりで、

昨日からの歯の痛みもありながら、無事1日が終わったことに感謝してたら日にちが変わってしまって、

今日も早寝ができなかったーーー!

まっえっか!と、

サラッと流します。

明日も心が晴れますように。

おやすみなさーい。

また明日ーーー♡

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。