昨日、実家の母が脳神経外科に行ってきました。妹が付き添いで行ってくれて助かったー。

結果だけ言うと、「異常なし」。

お正月に会った時から気になることがあったり、

なんだか元気がなかったのです。

父は癌を抱えてるし、検査入院もしょっちゅうしてる中、母は、仕事量は減してるものの現役先生。(笑)

お料理が好きな父に食事作りをすべて任せているのです。

やる気がでない。なんだか新しいことをするのがメンドくさくなってるみたい。

母は、現在78歳。

親の歳言えますか?(笑)

まさか自分が53歳で、親がもうすぐ80歳とか考えても見たことなかったです。現実を受け入れていないことけっこうあるのかもしれない。(苦笑)

人はみんな年をとる。だから今を大切に!なんて口ではみんな言ってます。言うだけならカンタン。わたしも言ってるだけかもしれない。

78歳の親でも気づいたことがあったみたい。

それは、ずっと人に教える立場で過ごしてきて、

好きだったピアノや短歌を習うのもその1つ、

実家には、ドイツ製のピアノがあるのです。

母の嫁入り道具。

たしか。

自分で働いて買って、ずっと大切にしてきたピアノ。

私も妹もピアノは習ってました。

もっと自分がしたいことや好きなことをしようって思って、

仕事を減してたみたいだけど、

どうも満たされないみたいだった。

ピアノは、手元を見なくてもスラスラ音符だけ見て弾けるし、

すごく上達して発表会に出たりね、演奏する時も緊張もしないって言ってた。

短歌の会でも、もともと国語教師なので、

あっという間に岡山県の短歌の代表になったりして、

全国大会に行かなくちゃいけなくなったり、

でも満たされなくて楽しそうじゃなかったのです。

褒められると思うんです。めちゃくちゃ周りから褒められてると思うんです。生徒として。

でも満たされない。

そして、母は気づいてしまった。

人に教えることが1番好きなことだったと。

78歳でもやってみないと気づかなかった。

そして、きっと、きっとですよ。

これからどうしていくのが自分らしいのか?迷ってると思うんです。

子どもの私には言いませんよ。親だから。

私もこの歳になったから想像ができるようになったと思うんです。

親ってそんなもんです。子どには心配をかけたくない。

いつも子どものことを心配してる。

でもね、ちょっと弱くなってる母親を見て少しホッとするところもあって、

でも、検査で「異常なし」で、安心して、

電話で私偉そうに言っちゃったんです。

「東京行きは断ったらええがん!行きたくない所に行かんでもええがん!誰に何思われてもええがん!」って。

そしたら、「断ることが苦痛。どう言って断ろうか考えるわ。」って。

行きたくない自分を責めているようで何だか悲しかった。

東京行きを断っても誰かが代わりに行ってくれるのにね。

ほんとに、ほんとに、

勇気だして断って良かったと思えること祈ってます。

みんな迷いながら生きてるんだよね。

迷うことは恥ずかしいことじゃない。

ちょっとムリすることもあって良いと思うけど、

自分の心と気持ちは、いつも自由なんだよね。

自由に選択して生きようね。

覚悟して行動とともに。

じゃ、また明日ーーー♡

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。