うちには、今年13歳になる猫がいます。

名前はクロ。

昨日、店内でロールスクリーンのヒモに身動きできなくなってるクロを発見しましたー。

「にゃー」とも言わずにね。

じっとしてるんです。

わたしね、親バカだからか、わかるんです。

にゃー!と言わなくてもどうにかしてくれる安心感があると思うんです。

若いときは、よくお店に出てきてましたけど、

最近お年のせいか、あまりお店に顔を出さなくなったのです。

でも不思議なことに、猫好きさんが来られたらいつもいる2階から降りてきて挨拶に顔を出します。(笑)

これ!マジです。

 

動物愛護協会のボランティアされてる方のご縁で、うちにやってきました。

前一緒にいた猫ちゃんが突然死だったので、寂しくてねー。今の譲渡会のような紹介です。

はい。生まれたばかりの時に捨てられてる猫を引き取って、ボランティアの方が育てながら里親さんを探されてるシステム。

ボランティアの方のお家に行かせてもらった時に、この子を連れて帰ろうって思ったのは、別の仔猫だったのです。

その子を連れて帰ると、クロが一匹だけ残る。って事だったので、かわいそうに思えて仔猫を2匹家族に迎え入れたのです。

5匹兄弟の中で、1番小さくて、1番か弱くて、何度も死にかけて、何度も病院のお世話になったクロらしいのです。

1番手がかかって、1番命を心配した猫ちゃんがクロって言われてました。1匹のつもりが2匹の仔猫を迎え入れたのです。

いつも2匹の一緒でした♡

子育てをまたするような大変な時期で、家の中もてんやわんやでした。

3時間おきにミルクをやったりね、まー大変だったけど、可愛かったなぁー。

クロと一緒に大きくなったのが、シマ。

このシマちゃんの方が人懐っこくて、可愛がられていたんです。写真写りも良いし。わたしのそばに居るのは、いつもシマでした。

そして、クロは、いつも遠慮してたんです。

シマがわたしの部屋にいる時は、クロは絶対入って来なかったの。

猫は人の感情がわかる

シマが心臓発作で突然死した時に、クロはそっと寄り添うように最後のお別れをしてました。

その後、冷たくなったシマの側に来ることなく姿を見せませんでした。

1人で泣いているように見えたんです。

シマが居なくなってから、クロはわたしの部屋に入ってくるようになったんです。

今は、お布団の中にまで入ってくるようになりました。

やっとです。やっと。

とてつもなく悲しい時にそっと側に居るクロ

いて当たり前。

何も喋らないけど、猫の手も借りたいくらい忙しい時も手を貸してくれることはないけど、私たちの家族の一員には間違いないクロ。

一つだけ賢いでしよ!って思うことが。

はい!ドア開けて出て行きます!(笑)

自分が出たい時は、にゃーとも言わず、自分でドアを開けます。(笑)

猫って賢い

犬と比べることは好きじゃないけど、

お手!とか待て!とかできないけど、

感情豊かな猫だよー。

人間の脳に一番近い構造なのが猫って知ってたーーー?

うーん!クロ可愛いいなぁー。

外には出さないけど、家の中で幸せでいておくれー。

箱があれば入ってドヤ顔してるクロが大好きです!!

今日は、以上です。

てへぺろ。

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。