行動しながら考えて動いてまた考える。

この繰り返しが人生を豊かにしていくんだなー!って今さらながら腑に落ちてるまだまだ未熟なわたしです。こんにちは。

とりあえず、目の前の事だけに一生懸命になっていれば道は開けると思ってたわたし。

動いては失敗の繰り返し。動くこと、スケジュールがいっぱいなことがしあわせだと思い込んでたイタイわたしだった。でも後悔はないのよ。(笑)

失敗を繰り返した過去があるから今があると思っているから。

考えないことは選択肢がないってこと。

50代になれば、子どもがいる人は、その子どもたちが結婚して新しい家族が増えるわけで。

お孫ちゃんができてるわたしの同級生もいるわけで。

お孫ちゃんのお世話もするようになったり、

自分の仕事まで調整したり生活ペースも変わってくる。

親の健康状態もよろしくなくなってきて、介護をしてる人も増えてきた。

そんな環境の変化の中でも【働きたい】気持ちは持ち続けているものの、自由にならない仕事環境で仕事をやめなければならなかったり、ムリして仕事をする事で、親の介護や環境の変化のバランスをとるために仕事を続けている人は多い。

どんな環境に身を置こうとも、自分がごきげんであれば人には優しくできる。

落ち着く場所や好きなことを時間を忘れて一生懸命できることがあればその人は豊かな人生なのだと思う。

まずは自分が何をしてる時が心落ち着いて豊かな気持ちになっているか?を考えることが先。

家を建てる事が家族のしあわせのカタチと思い込んで、家を建ててから夫婦ケンカばかりして別れてしまった。という本末転倒なことをしてる人は結構いるのだ。

わたしもよくしでかすことで、楽しみにしていたお出かけなのに、時間を気にしすぎて、小言を言ってしまったりね。遅れたら遅れたでまたそれはそれで楽しみ方があるのに、時間に遅れないが1番大切だと思い込んでしまう罠。(笑)

お出かけを楽しむ事を忘れてしまう。。。

これは、みんな経験があると思うけど、こんな積み重ねが経験となって習慣化してしまう怖しい罠。(笑)

今、わたしが行き着いているところは、

自分の好きな空間をつくること。

今までの生活の延長線上にはない!ってことだけはハッキリしてる。

そのために今してるのが、片づけ。

ほんと地味な片づけ。

自分以外の人を変えようと思ってもムリ。

これはわたしの中での大前提。

だから今は自分自身に期待してる。

片づけは、今あるものをキチンと整理することとは違ってて、そのものと向き合って、いるか?いらないか?を判断して手放していく作業。

今と向き合ってて、ハッキリわかったことは一つだけ。

【いつかは来ない!】ってこと。

 

先日、リフォームのご依頼をいただいて完成されたお宅のその後の事をお聞きした時に、うれしいご報告があったのです。

ご家族みんなに変化があったこと。

すぐ完成するリフォームじゃなかったので、片づけや、臨時の生活もかなり大変だったと思うのですけど、家族を支える奥さまの持ち前の笑顔と明るさで完成まで頑張ってくださいました。

ご主人は、好きをさらに加速され楽しんでおられます。

奥さまも、ご自身の好きを追求されて、キッチンなどに好きなものをチョイスしてご自身が好きなものに囲まれて生活できる環境を整えられています。

遠く離れて生活されてる娘さんにも、待望の赤ちゃんが誕生したするとご報告いただきました。

覚悟があればできる。

自分自身と覚悟。

わたしは、とりあえず生活を続けてきたので、子どもたちの写真すらネガつき写真からとまってる状態です。

子どもが小学生時の写真から整理が必要な状態なわけです。はい。バラしちゃいましたけどね。

子どもには、ほんとに楽しませてもらったので、

これからは、自分たちで楽しむために、まずは片づけを突き抜けて《美しいライフ》を手に入れたいと思います。

①自分の身を置く空間の質を上げていく。

②質を上げるとはお金をかけることじゃなくてもできることもある。

③生活空間の質を上げれは、仕事や生活すべての質が上がってくる。

備忘録として書きました。↑

 

まずは自分!

オトンの事でイラッとしない自分!(笑)

オトンもイラッとしないでね!!!

考えて実現できたことや体験したことは今後わたしの財産になるし、困ってる誰かの手助けになると思う。

わたし自身も、人との関わりの中で気づきをもらってるわけで、その気づきを考えてみるとその人の体験でしかない。

考えて自分がしてみることでしか何も生まれない。

がんばります!!

にしても、大量の紙の壁は高い。。。

ひーーーーーーーっ!!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。