いきなりですけど、すぎもとでんきでは、補聴器の取り扱いをしています。

知ってるよ!って声が聞こえ聞こえてきましたけど、伝わっていないのは存在しないのと同じですからね。よろしくどうぞ。(笑)

6年ほど前まで、パナソニックの補聴器も取り扱っていましたけど、現在はまったくパナソニックの補聴器を取り扱っていません。

選択肢が多いから良いものを選べるわけじゃない

私が信用している当店専属の補聴器専門員がパナソニックの補聴器の取り扱いをやめました。元々あまりお客さんにオススメはしていませんでした。

パナソニックの補聴器しか取り扱いできないようになってる電気屋さんもいらっしゃるので、ここではそのことに触れませんけど、私が推してる補聴器メーカーは、オーティコン。っていうデンマークの補聴器です。

デンマークは、北欧ですよね。

北欧ってどこの国なのかご存知ですか?

はい。デンマーク。スウェーデン。ノルウェー。フィンランド。アイスランド。の5カ国です。

でね、何かと目に行くものが北欧のものが多いのです。

知らないで、感覚だけで買ったほぼ日手帳のデザインも北欧のものでした。

ちょっとした会話のなかで疑問に思った時にすぐ検索するクセがついてますよね。

今日もちょっとした事で検索してたら出てきたキャッチフレーズが、あぁーそうだなーって思ったのでご紹介して今日のブログは終わりますね。(笑)

洗練とは削ぎ落とすこと

デザインの目的とは、人の役に立つこと。

洗練とは、加えることではなく、削ぎ落とすこと。

それが北欧デザインの考え方であり、

ボルボの哲学なのです。

。。。

あぁーボルボだったんですけどね。

生活すべてのことにあてはまることだなぁー。って思うのです。

はやり、行きつく考えや想いは、お客様が喜んでくれることをすること。

ご自身が気がつかない想像以上の喜びや気づきを提供できるようになりたい。

かっこいいボルボのキャッチフレーズ一つで、ボルボの車に乗りたくなった私からは以上です。

ほんま単純じゃわ私。。。

また明日ーーー♡

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。