でんきやオカンこと杉本清美です。こんにちは。

わたしは、今年の4月で54歳を迎えます。

50歳になった時、急激な体調の変化を実感しました。

女の神様に見捨てられた年です。

そうです。閉経したのが50歳。もちろん生理不順な時期を経て、6ヶ月生理がこなかったら閉経ってことになるみたいです。

40代は、必死でした。何をするにもね。

そして、体調も良くなかったと思う。

子どもをどうにか大学を卒業させないと!と、親の責任というか、親として生きてきました。

子どものために、子どもがどんな選択をしてもその環境を整えておきたい!って気持ちで自分と向き合ってこなかった。こんな風に考えてる親のことは、子どもにしたらウザいと今となっては想像できますけど、親とはこんなもんだと思います。

幸い息子は県外に出てて、おかげで周りの人に恵まれ何とか1人で就職できました。息子の事を想っているものの口出しを一切しなかったし、大学4年間風邪ひとつ引くことなく病気もすることなく過ごせたようなので、母親の干渉を受けることなく自分で考えて生きていく力がついて良かったと思ってます。

わたしはというと、まず家族のしあわせ。

このしあわせとは、自分の独りよがりなしあわせ。(笑)

自分の事は良いのよ!ほっといてくれたらどうにかするからね自分で!って感じです。(笑)

えーと、何でしたっけ?

そーそー!

40代の体調不良は、後になって感じたこと。

どうゆうことか?って言うと、50代で動ける身体になったから。いやーまだまだ動ける身体は、進化していきたいと思ってるから見守っててね。(笑)

40代の身体の時は、自分にとってはそれが普通なのです。

いつも付き合ってる自分の身体。

それが普通だと思い込んでるのです。

これが自分の身体って。

風邪をひきやすい。

疲れやすい。落ち込みやすい。

あぁーあれがしたい。これがしたい。って思うだけで、実はそれがストレスでかなりのエネルギーを消耗してます。(笑)

ずっと頭だけが働いてる状態。頭で考えるってすごいエネルギー消費。

思ったほど身体が動かないし、どうして良いかわからない。本を読んで断捨離した気になったり、オシャレをしたくても周りにお手本になるようなオシャレな人がいない。若い時はもっと綺麗だったのに何だか年をとった感が半端なく変に落ち込む。(笑)

全部わたしの事です。(笑)

今日は、ここまで。(笑)

また書く機会があれば書きたいなぁー。あ、書きます。

平昌オリンピック楽しんでますかー?

昭和39年東京オリンピックの年に生まれた私たち。

一緒に楽しく年を重ねていきたいです。

さぁー、羽生くんのフリースタイル。応援するよーーー。

あぁードキドキする♡

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。