毎朝、アイロンがけと #1日3捨 (断捨離)から1日のスタートをしてるわたしです。こんばんは。

累計書き忘れてるし。。。(苦笑)

先日、大阪出張の次の日に、丹波篠山のでんきやさんご夫妻にアテンドしてもらって神戸巡りをしたんです。

超高級邸街の芦屋六麓荘巡り。(笑)

ケーニヒスクローネ本店でお茶タイム。

生田神社参拝しておみくじ引いたよ。

南京町の美味しい豚まん食べた。

ステーキランド 神戸館で、もちろん神戸牛を堪能しました。

つかちゃんの経営する、大塚呉服店で、楽しかったなぁー。オトンに良いもん買ってもらったし。(笑)

インドカレーのお店、「マドラスキッチン」で、インド人の人といっぱい会話しながら、インドカレーを食べながら、インド式を学んだ。(笑)

食べ過ぎでお腹パンパンだったんですけど、それより、神戸のことよく知ってるお友達たちなのに一緒に、

「マジかー!」「何これー?」を連呼してたんです。

知ってるつもりになっていませんか?

芦屋の六麓荘は、半端なかった!

あぁー、お金持ちの人たちが集まってるところね!

知ってる!知ってる!って思いますよね。

わたしもそうでした。「知ってるよ。」って、

実際自分の目で六麓荘をまわって、おったまげましたわー。

街を走ってる車は、ほぼベンツかBMW。

こんな美術館か図書館のようなお家だったら、掃除どうするの?って思っていたら、ハウスキーパーさんが家周りのお掃除してたり、すれ違う車に乗ってる人の品の良さがオーラでわかる感じ。(笑)

庶民のわたしたちには、びっくりするような家でも、住んでる人からしたら普通なんだということ。

それから、ケーニヒスクローネは、芦屋の叔母が岡山に来る時に持ってきてくれてたお菓子で、憧れのお店。

どんなお店からスタートしたのか?本店を見てみたかったのです。

岡山の天満屋や高島屋では買えますけど、クローネは、神戸でしか買えないんじゃないかな?三宮でも7店舗くらいあるし、もちろん、通販もしてるから、あー知ってる!知ってる!って言われると思うんです。

で、でね、この本店。

お店に車で来る人がまた品の良い人ばかり。

クローネをいただきながら人気ウォッチングがまた楽しかったのです。

そのクローネも、な、なんてことでしょうーーー!

すごいサクサク。

今まで食べてたクローネはなんだったのーーー!!
ひーーーーーーー!!

本店のみの販売だったショートケーキ♡

三宮のケーニヒスクローネで、確認したら同じショートケーキは販売してなくて、百貨店の方がお値段高いという事実を発見。(笑)

落ち着いた雰囲気のケーニヒスクローネ本店で、

まったりゆったりした時間を過ごすことができました。

はぁーしあわせ。

神戸を知り尽くしてるお友達ご夫婦も、「本店が東灘とはびっくり、初めて知ったわ。」って。

インターネットでなんでもわかってしまうけどリアルに勝るものはない

自分で感じたり、見たりすることは心まで動く。

SNSをする人が当たり前になってきて、会わなくても会ってる気になったり、近況が知れて良いかもしれないけど、

顔を突き合わせて話をしたり、見て感じたりすることが1番だなーって感じた旅でした。

三宮の大塚呉服店さん。

生田神社で引いたおみくじは、「吉」♡

豚まんサイコーーー!

3つ!ペロリ。

タンドリーミックス。

綺麗な日本語をしゃべる笑顔が素敵なインド人のマスターともう1人のインド人さん。

次々インド人の人が来られて、私たちに紹介してくれるようなフレンドリーさ。

インドを感じることができるお店。

入ってるスパイスや食材全部教えてくれたの。

生姜。ニンニク。クミン。ローリエ。シナモン。カルダモン。コリアンダー。クミン。レッドペッパー。ガラムマサラ。パセリ。玉ねぎ。トマト。コリアンダー。もう1つ何ちゃら何ちゃらっていう緑色の葉っぱ。

最後の何ちゃら何ちゃらは、現物を見せてくれて食べれるよ!って。

ベースになるスパイスのおかわりを何度も運んでくれて、私たちの汗腺は崩壊されてました。(笑)

と、ずっと喋って、ずっと食べて、歩きすぎて足がパンパンになった旅でした。

数学の教育で今注目されてるインドを感じたい人は、「マドラスキッチン」へ行ってみてください。

スパイスまみれになって、汗腺崩壊間違いなし。(笑)

日本人がしてるインドカレーとはまた違った楽しみがそこにはあるはず。

リアルが1番!!

あー

あの人にもあの人にも会いたくなってきた。

徹さん、まりこちゃんのアテンドのおかげでほんと楽しかったな。

岡山に来てくれたらどこ案内しようかな?

そんな楽しみも生まれたのです。

そして、元気に動ける時に、海外旅行もどんどん行きたいーーーーーー!!

今日は、以上です。

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。