今日は、お昼までアイロンがけしたり、断捨離したりしてその後、総社市のきびじアリーナで開催の岡山県ハンドボール男子決勝戦を観戦に行ってきました。

ムスコのハンドボール高校時代は、私たち親は追っかけ状態でした。あれから6年間、ほぼほぼ決勝戦の相手は変わってない。

素人のわたしが試合内容に思ってること書いても面白くないので、試合を観て備忘録的に書いていきたいと思います。

まず思ったのは試合の結果がすべて。ってこと。

勝ちか負けか。当たり前の話ですけど、何が勝因で何が敗因かなんて考えなくてもすべてである。ってこと。

目に見えないものが大切で人の心を惹きつけること。

波に乗れなかったら勝てないってこと。

[オトンは他校監督たちに混ざって、特別席で観戦してました。いつもの事らしいですけど。。。]

 

運があるかないか?は目に見えないところで決められるし、何かが影響してるってこと。

瞬間瞬間の判断が流れをつくるってこと。

身体って大事。体格も実力のうち。

実績と経験数は、自信となってプレーにあらわれる。

いざという時に、いつものプレーができないのは経験不足。

つらつらと、思いついたことをあげながら、

ムスコがハンドボールしてた時のことはもちろん、わたし自身がバスケットボールしてた時のこと、そして、今の仕事に重ね合わせて考えてみると、

一瞬一瞬の判断がゲームをつくってる!!ってことになるんだなあー。って思うのです。

得点を入れるために、どう自分に相手を引き寄せて、チームメイトに得点を入れさせるか?

自分1人で攻めれば得点が入るのか?一瞬の相手の出方を見逃すことなくパスが出せて、得点に繋げることができるのか?

どうゆうことかっていうと、私たちも毎日毎日が、一瞬一瞬の積み重ねで生きてるってこと。

お客さんにアドバイスをしたり、こっちの方が良いですよ!っていう時に、独りよがりの、もっと言うと自分の利益や得になることをしてたら、お客さんに喜んでもらえないことになってしまう。

仕事には、勝ち負けは絶対ない!って思ってるわたしは、お客さんともチームプレーなんだな!って思ったのです。

お客さんのお困りごと解決や、理想の生活のお手伝い。って、耳障りの良い言葉で言ったりしますけど、得点、シュートを決めるお客さんのお手伝い。

そのために、シュートを打ちやすいようなパスをだす。

シュートを決めたお客さんは、もちろんガッツポーズ。

ナイスパスをだした選手は、目立たないけど、うれしいのです。(笑)そこに生きがいを感じる。

一瞬一瞬の判断と行動の積み重ねが結果に繋がる

スポーツだけじゃない。仕事でも言えること。

だから私たちも経験と考えることと行動をし続けないと、お役に立てるようなことはできないのだと思う。

やっぱチームプレー球技の経験者にはスポーツの例えはわかりやすい。(笑)

今日、高校ハンドボール男子の決勝戦を観戦しながら思ってたのはこんなこと。(笑)

5年ぶりかな?久しぶりに会えたお友達が、毎月ニュースレターも読んでくれてるって。「会いたかった!」って、言ってくれて嬉しかったなぁー。

直感は間違いないね!

はい!今朝直感で、ハンドボールの決勝戦に行く!って決めました。

オトンは行くだろう!って思ってましたけど、

もちろんいく時間も帰る時間もお互い知りませんでした。そんな夫婦なのですよ。私たちにとってはこれが普通スタンスです。あしからず。(笑)

優勝した総社高校ハンドボール男子選手のみなさん、

T先生、保護者の皆さま、優勝おめでとうございます。

これからも、応援してもらえるチームでありたいですね。

体育館は、やっぱ寒かった!!

今日は、以上です。

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。