今日、クレーマーの対応にドキドキ心臓が張りさけそうだった。

と言うFacebook投稿を目にした。

どうやってクリアしたのだろう?と、興味持って読んでいくうちに、ほっこり。

いつものお客さんに感謝

クレーマーがまだいるのか!っていう現実に直面したらしい。

クレーマーさんに出会ったことで、いつも、どれだけ自分がめぐまれた環境で仕事ができているのかの気づき。

感謝しかない

わたしももちろん共感した。

ニュースレター すいっちおんや、Facebook、Twitter、Instagram、そしてこの「でんきやオカンの日記」で発信してることで、クレームを言って来られることもなくなった。私たちの発信で私たちの事をわかってのお仕事ご依頼。

ほんとにありがたいなぁー。としみじみ思った年の暮れ。

時代の流れがはやい中、変わらないもの、変わっていくもの、変わらず優しく見守ってくれてる人、新しいお客さん、みんな大切で私たちに関わってくれる人は、みんなしあわせでニコニコしていてもらいたい。

そのためには、私たちも成長していきたい。

終わりとともに始まる!

始まりがあったら、終わりが必ずある。手放さないと入ってこない。

年末の気ぜわしい中、断捨離して、物と向き合って研ぎ澄まされる感覚を手に入れながら、痛みも伴うことを知ります。

さっ!お客さんへのメッセージ書いて、明日からもがんばろーっと。

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。