1. 岡山県で募集してる 「元気な商店募集」の審査のための写真撮影に、県の職員さんが来られました。

どうも、商工会さんが推薦してくれたみたいです。

推薦文は、商工会の職員さんが書いてくださったようです。

そもそも、県のホームページを見たこともないし、全く興味なしの私たち。

そして、「どうせ、写真撮ってこい!」って言われて与えられた仕事だけしてる人が来られるんだろう。。。なんて、思ってました。すみません。。。

仕事を愉しんでされてる

 

ん?

産業労働部経営支援課?

岡山県庁にこんな課があることを初めて知りました。

 

仕事をこなす。でもその中に楽しみを作れる人と作れない人。

今日ご来店の職員さんは、愉しんでいらっしゃるように思いました。プライベートの一眼レフを持ってこられてました。

きっと、きっとですよ、仕事ではそこまでしなくていい的な何かがあるのだろうと思います。確かに、小ちゃなとるところもあまりない当店へ来るのに一眼レフカメラは必要なさそう。(笑)

じゃ!愉しんでる人と愉しんでないのは、どこに差があるのか?って考えます。

周りに伝わります。わたしは、愉しんでいらっしゃるように感じました。

だって、「どこを切り取っても楽しいですね」って言ってくださったから。

この「元気な商店」を決めるのは、大学の教授だったり、その手の仕事をされてる人たちらしいのですけど、私たちはまったく興味なし。すみません!

この県の職員さんも、書類審査を通過したお店のヒヤリングみたいな事でこられたと思うのですけど、

な、なんとーーー!

私たちのSNSをチェック済みでした。(笑)

私たちがどんな人かわかった上でのご訪問。

こちら側としても、とっても安心しました。

そして、柔軟な方だと感じました。

結局、なんの質問もされないまま、写真だけ撮ってお帰りになりましたけど、

審査する側ではないので私たちも緊張することなく、業種が違う人とチョコレートの話や車の話をしただけです。

「還暦店主と、53歳の夫婦より、若くてイケメンとべっぴん奥さまさんのお店を選ばれたら良いですよー!」ってアドバイスしておきました。(笑)

「あ、インスタ映えするお店が良いわ!」ってわたしが言ったら、

「インスタ映えって、言ったことがありません!!」って、(笑)

「インスタ映え」に拘るのは、もー古臭く感じますよね。(笑)わたしも失言でした。すみません!

って事で、どんな結果が待っているのか?楽しみです。きっと、明日には忘れていることでしょうーーー。

審査の基準が私たちのやりたいことじゃないし、

一人一人のお客さんと向き合って、喜んでもらえることが私たちがしたいこと。

そして、何より私たちがしあわせじゃーないと、周りをしあわせなんてできないこと。

優良な経営の仕組みってなんなのーーー!!(笑)

仕組みのことを机の前で考えるより、会いたい人に会いに行ったり、自分を磨いて魅力的な人になることの方が大切だと思う。

わたしもまだまだです。自戒を込めて。

今日お会いした県の職員さん!ごめんなさいー!!

一括りに、公務員は。。。って思っていました。(笑)

ますますのご活躍をお祈りしています。

近くに来られた時は、お寄りくださいね。

忘れてたらごめんなさいね。

「元気な商店」の審査は、

来年の1月らしいので、

応援してもらえるとうれしいです。

大賞になれば良いな!!

え?(笑)

今日は、以上です。

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる54歳。