スラムダンクのファンです。

バスケットボールは9年間してました。

人間が単純にできているので、スポーツのフィルターを通して考えると考えやすいのです。

母親になった瞬間守るべきものが出来て、今のようにママ友とかいう言葉がなかったように、

子育てママは、結構孤独というか、自分で楽しみを見つけて乗り越えてきたと思うのです。

その楽しみの中の1つ。バスケットボール。

いつかNBAの試合を観に行きたい!って思ってました。

いつかは来ない

いつかは、来なかった。(笑)

コービー ブライアントを生で観たかった!

もう観る機会がなくなりました。

引退したんですよね。昨晩、引退記事やYouTubeを見てて、なんか泣けてきた。

昔のやんちゃぶりから、成長して凄いプレーヤーになっていった。はじめからすごかったけどね。

バスケットボールにかけた20年間って凄い。

やはりスポーツで考えると、わたしはしっくりいくし、わかりやすい。

とにかく何が言いたいのか?って聞かれると、

いつかは来ないってこと。

いつか行く!

いつかする!

いつか言う!

いつか伝える!

いつかやめる!

いつかはじめる!

いつか買う!

いつか誘う!

いつかは来ない。

インプットだけじゃーいけない。

はじめはアウトプットから。って言葉はよく聞きますよね。

出すことから。

出さないと入ってこない。

断捨離中ってことは、何回も言ってますけど、

心が痛む時があります。

だっていただいたものを捨てなきゃいけないんです。

手放すってこと辛いこと。痛みがともないます。

今使わないものは必要ないもの。

溜め込むことは簡単。

なんでもかんでも捨てたらもったいないから、他になにに使えるか?考えてとっておきない!って教育されて育ってきた。

頂き物は、大切に。って。

なかなかぽんぽん捨てれる性格だと思ってたわたし。

ダンナと比べると捨てれる方だ!ってだけだった。

いざものと向き合うと、心が痛んだんだよねーー。

感謝して手放すクセをつける

いらないものはいらない。

いつか使う日は、来ない

 

(断捨離したものをほんの少しだけご紹介)

年末まで、続けていこうと思います。

研ぎ澄ます感覚と出会いたい!

やり切ると何かを手にする感覚がある!

すみません!感覚人間なもんでね。

おなじ失敗をしないように考えて考えて、なんだか考え抜きたい気持ち。

昨晩の涙は、寂しさより悔し涙だったのかもしれない。。。

言葉で表せない感情ってめんどくさいね。(笑)

でも目で見えない感情だったり共感だったりが人を惹きつけるんだよね。

あぁーもっと勉強したい、学びたいって思う。

あれだけ勉強しなさい!本読みなさい!って子どもの頃言われてしなかったのにね。

ほんと、人って不思議で面白いね。

また明日ーーー♪

 

 

 

The following two tabs change content below.
杉本 清美

杉本 清美

岡山市の最北西部田んぼに囲まれて、でんきやオカンしてます。子どもが自立したのでこれからは好きな仕事をしながら、好きな人に囲まれていつもニコニコ笑顔で生活したい!って思ってる55歳。